FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第8回ゆいまーるの集い 12

今日、浜松の沖縄文化フォーラム主催の講演会で、沖縄の経済、基地、内発的発展、自治について話をさせていただきます。清川先生をはじめとする浜松の方々にお世話になります。来場者の方々と真剣な議論ができればと思います。


画像 136
交流会で新元さんも、腹の底からの素晴らしい島唄を歌って下さいました。海勢頭さんとも一緒に歌い、島の魂同士が響き合っているように感じました。

画像 137
次に海勢頭さんが魂に沁み入る琉球の唄を歌いました。海勢頭さんが思いを寄せる伊平屋島で、海勢頭さんの唄が鳴り響きました。

画像 138
皆も目を閉じて、それぞれの思いの中で海勢頭さんの唄を体で受け止めていました。

画像 139
民宿の家族も食堂に集まり、交流会に参加していました。唄は人を引き付けます。

画像 140
今回、大変お世話になった西江さんから伊平屋島の話を改めて聴かせていただきました。島の可能性、豊かさ、歴史や文化への誇り、伊平屋島に強いこだわりを持ち、島の自治のために生きておられ、私たちも西江さんから多くのことを学ばさせていただきました。

スポンサーサイト



<< 浜松での沖縄開発、政治、自治に関する講演会 | ホーム | 第8回ゆいまーるの集い 11 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP